不妊治療の病院を選ぶコツはこれ!まずは行ってみよう!

04/23/15
archive

不妊治療を始めるにあたって、どんな病院に行ったら良いか、これも心配な事の一つかと思います。自分に合った病院を見つける事が必要なのですが、不妊治療の実際と経験者の考え方を踏まえて教えますのでご覧下さいね!

まず、通える距離か否かが一点目の問題です。幾ら有名病院で妊娠成功率が高いと謳っている病院に決めようとしていても、遠くてはなかなか通う事が難しくなってしまいますね。これは当然の事だとお分かりいただけるでしょう。

不妊治療とは簡単なものではありません。最短なら二ヶ月程で授かる人から、結果的に授かるまで何年も続けなければならないと言う事が少なくありません。治療費も保険が適用出来ないのが、人工授精・体外受精・顕微受精になり、回数を重ねるごとに嵩みます。

酷な事を言うようですが、諦めるか諦めないか、で、諦めるまでお付き合いしなければならない病院になってくる事も頭に入れておくと良いです!病院選びは思った以上に重要だと分かっていただけましたでしょうか?

二点目です。専門外来があるお医者さんを選びましょう!何故専門外来でなければダメなのか。それは、専門医の先生が居ない場合もある事があるだけでなく、専門治療をしてもらえない可能性があります。当然ながら紹介をしてもらうという形に結果的になって来るかと思います。

不妊治療を専門にしている外来をオススメします。ただの産婦人科ですと、妊娠した人を対象にしており、外来にも妊婦さんがたくさんいらっしゃったりするのでストレスになったり、変な気を回してしまう事などもありません。

三点目になります。あなたに合った病院が良いのはまず第一なのですが、大病院でもご近所の小さな病院でも構いません。あなたの話に耳を傾けてくれ、親身になってくれる先生がいらっしゃるところが良いと言えるでしょう。

大病院では患者さんの数も多いため、症例の一つでしかなく、簡素で冷たい対応だと感じがちの事もあります。一方、ご近所の病院の方が地域に密着していてあなたの話に耳を傾けてくれる事が多いです。

不妊治療における不安や心配は測りしれません。対話の中で治療法は決定されていくものです。医師だけの独断で治療方針が決まるのでは不安は大きくなる一方でしょう。更に、あなたの体の事はあなたが一番知っていますし、あなたの思いを受け止めてくれる病院が良いでしょう。

もちろん、大病院でも手厚く話を聴いてくれる先生はいらっしゃいますが、これは行って実際にあなたが接して判断してみる事がまず第一と言えます。

四点目になりますが、よく言われる妊娠成功率の高い病院であるというクチコミばかりに惑わされない事です。友人や知人のクチコミだったり、自らインターネットなどで検索するなど、主治医に紹介状を書いてもらうなどのクチコミ以外の情報も視野に入れて判断する必要があります!

色々な情報を元に、自分に合った病院を見つけて不妊治療に取り組んでみて下さいね。あなたに親身になってくれるお医者さんとの出会いも不妊治療における大きなポイントと言えますよ!