人工授精とは?

不妊治療を考える人であれば、「人工授精」と言う言葉は気になる言葉ですよね。いずれは自分も考えてみるかもしれない、と思っている人も多いのでは?赤ちゃんを望む限り、諦めずに続けるといずれはこの人工授精をお医者さんから勧められる事もあるかと思います。

そんな時の事を考えて、今から人工授精について詳しく知って置いてはどうでしょうか。体外受精とはどう違うのか、人工授精とは具体的にどう言った方法でするものなのかについて説明したいと思います。

人工授精とは、子宮内部にカテーテルを挿入して採取した精子を受精しやすいところに注入するやり方です。人工授精という道を選択するには、幾つか場合があるようです。お医者さんの判断に委ねる事になりますが、知って置くに越した事はありません。

まず、男性不妊である場合があります。男性の射精障害や勃起不全、EDと呼ばれる状態の場合もこれに含まれていて、また後半で説明しますが無精子症である場合もこれに含まれます。無精子症の場合は当然ながら、他の方から精子提供を受ける事になるんです。

精子が少ない場合は遠心分離法などで最近では振り分ける事で質の良い精子を振り分けるという流れになります。

EDや女性器に異常があるなどの場合、性交渉が行えない状況と判断されるため、他には選択肢はなく早い段階で人工授精の選択肢をとる方たちも多いようですね。また、タイミング法を続けて来て一定期間以上効果が見られない場合も人工授精を勧められる事が多いようです。

人工授精の成功率はどのくらいなのでしょうか?詳しく調べると医療機関により多少の差が出るようですが、一度で10~20%とされています。これを6~7回繰り返す事で成功率は90%ほどにまで上がるとされています。

費用は保険適用でないため、一度に3万程のお金が掛かってしまいますが、回数を行う事で確率も90%までに上がるとなれば希望も夢も膨らみます。

体外受精とはどう違うのか、については体外受精とは、文字通りに体外で採取した卵子と精子を受精させる方法です。それを、受精卵として妊娠を望む女性の子宮に着床させます。胚移植をする事が最も一般的とされている方法です。

子宮内膜症を患っているため妊娠が難しかったり、卵管が閉塞しているため排卵が難しいなど、人工授精をしても効果が無かったり、また高齢出産であり残された時間があまりない場合などに人工授精ではなく、こちらの体外受精が選択される事が多いようです。

近年では医療技術が格段に上がって来ていて、卵子凍結などにより成功率も驚く程上がるという実績を上げている医療機関もあります。妊娠を望むのであれば、諦めない気持ちが子供を授かれるという幸せを掴む一番の手立てだと言えます!

体外受精は人工授精に対して成功率が20~40%とされており、医療機関によっても出している数字に差があるので情報を確認し、良く下調べをした上で受診すると良いでしょう。

いきなり人工授精を考えるのではなく、まずはタイミング法を勧められそう。その後、人工授精、体外受精と不妊治療は進んで行きます。最終手段ではあるのかもしれませんが、妊娠への夢を諦めず今は自然妊娠で授かれるように日々を過ごしてみてはいかがでしょうか?

1.妊娠を願うすべての人へ!妊娠活動Q&A
4年8ヶ月間不妊治療を行い、そこから目を見張る大逆転劇で見事、妊娠出産した管理人が、不妊症を解決します。

2.カイロプラクティックオフィスmisaki
茨城県つくば市のストレートカイロプラクティックオフィスmisaki

3.Dr.someyaの不妊勉強室
当不妊症勉強室は不妊症における検査・治療の解説専門サイトです