男性にも必要な事がある?!男性がした方が良い事悪い事10

01/06/15
archive

妊活というと女性がすべきものとイメージしがちな風潮がありますね。ですが、家族が増えるという事は、男性の協力なくして出来ない事です。育児もその後の生活も、男性の協力無くして無いと言って良いでしょう。

シングルで育てているお母さん、お父さん方も近年たくさん見受けられますが、皆さん想像難い想像をされています。子供を育てるという事は大変なことでもあるんです。ただ、何より、家族が増える事で共有できる喜びも悲しみも今までの比ではないのも確かなんです。

子供にとっては父親も母親もどちらも生育において欠かせない存在で、二人の手で協力して子供を育てるという事、それを忘れないように、妊活も女性一人だけに任せるなんて事はオススメできませんね。男性には何が出来るのか、まとめてみましたので是非ご覧下さい!

まずはした方が良いと思う事です。「妊活」において、自分は何を協力出来るのか、考えあぐねている男性も多いはず。女性が一人で不妊治療などの検査漬けなのに対し、男性はと言えば少なすぎるのが現実なんですね。

自分がなんとかしなければ、と女性が子供に必死になってしまうのが分かるはず。忘れてはいけないのは、男性も一緒にしなければならないんです。

何が求められるのか、それは、協力姿勢を見せて一人では追い込まれがちな女性のサポートを身体的にも精神的にもしてあげる事。それから、自分に出来ると思う事は努力を惜しまない姿勢が必要になって来るでしょう。

男性に出来る事の10を挙げてみましたのでご覧下さい。まずは、した方が良いと思う事5つです。

・規則正しい生活を送り、亜鉛などを多く摂るようにし、ホルモン分泌や精子の稼働率を上げる食生活に努めてみる。
・あまり義務感に囚われず、夫婦の共同作業を楽しむ事を忘れずにする事。
・思いやりの心を持つようにしましょう!
・面倒臭くても、妊活に協力的な姿勢を見せる事。
・広い心で、女性をサポートしてあげて!

「妊活」へ向けて体質改善をしている女性と一緒に自分も、と一緒に運動したり体質改善に務めるのも良いでしょう。あまり義務感にばかりとらわれず、女性からのプレッシャーを面倒だと思うのではなく、あくまで夫婦生活の一環として一緒に楽しむ事が必要です。

さて、次に、控えた方が良い事についてもご覧下さい。

・妊活について無関心、自分には責任はない態度を取ってしまう事
・過度なプレッシャーを与えない事
・仕事などで疲れていてもストレスを持ち込んだりしない事
・不妊治療について正しい知識を持ち、決めつけない事
・アルコール、喫煙などを控える事も協力です!

責任についても、「妊活」において、どちらが悪いから結果が出ないと言う観念はありません。一緒に取り組む事なので、どちらかに障害になっているものがあるとすれば、それを取り払えるように二人で取り組む必要があります。

不妊についても、男性が正しい知識を持たないばかりに「自然にいつか授かれば良いもの」と言う強い観念が邪魔するため進まない事も多々あるようです。女性任せではなく、自分からも調べてみる姿勢が必要です!

時間が必要であれば長い目で見て取り組む必要もあります。あまり「プレッシャー」や「義務」に縛られてするものではないので相手を追い込んだり、自分を追い詰めたりしてしまうのは避けましょう。時には旅行へ出かけたり一緒に気分のリフレッシュに務める事も良いですね!