排卵日・生理予測日の計算方法はこれ!皆、勉強しています!

04/26/15

排卵日特定方法をあなたは試した事はありますか?婦人科の専門外来へ行ってお医者さんに診てもらう事が可能であれば、卵胞が育っていて排卵間近なのを知らせてくれたりします。ですが、毎回そうは行きませんね。

基礎体温を既につけている人ならご存知かもしれません。排卵日の特定は難しい事です。どんなにリズムが定期的な人でも毎月、数日の誤差があるのは当然の事なんです。基礎体温をつけいても毎月それに気づくかと言ったらとても難しいという事がわかりますね。

では、どうしたら良いのでしょうか。

基礎体温から分かる事は自分の生理周期が大体何日であるか、だと思います。数日の誤差は認められるとしても、大体何日の周期であるかが把握出来れば、次の生理予測日が予想出来、排卵日も大体この辺ではないかと予測が出来るんですね。

これは、インターネット上でもスマホのアプリでも最近では、周期が何日で、前回の生理が何日からかを入力すれば排卵日と次の生理予定日を予想してくれるところもありますね。そう言ったのを活用して周期のリズムをつかむ事も大事です。

でも、それだけでは不安だという方には排卵検査薬をオススメします。生理開始から大体12日以降からこの排卵検査薬を使う事で排卵日をかなりの高確率で特定出来るんです!

尿中の黄体形成ホルモン(LH)という数値を検知して排卵日の1~2日前には陽性反応を示してくれます。陽性反応はどうやって分かるのかというと、くっきりと線が検査薬に出て来るんです。

これは、排卵日近くになると黄体形成ホルモンが分泌されますが、これを検知してくれるんです。排卵日ではなく、この1~2日前に性交渉が行えれば妊娠の確率が高まるという事になります。基礎体温で大体排卵日が近づいたと知ったら、検査薬を試してみるのも良いでしょう。

もちろん、排卵日特定には幾つかほかにも方法があります。基礎体温表、排卵検査薬も手段の一つなのですが、自分の体調を把握してこんな兆候が出てきたら排卵日間近であると分かれば、しめたものだと言えるでしょう!

おりものの変化も見逃せないので注意してみましょう。排卵日が近くなると、粘液が増えて子宮内はアルカリ性に保たれるようになります。いつもは酸性に保たれているのですが、アルカリ性になる事で精子を受け入れ易く女性の体がしているんです。

そのため、排卵日直前になるとどろっとした卵の白身のようなおりものが出るなどと言う人も多いようです。また、人によっては排卵痛などと言った下腹部痛がある人もいます。もしかしたら、と思い当たる節もある人は排卵日前後に自分の体調をよく観察してみるのも大事ですよ!

生理はあるけれど、排卵しているのか分からないという場合もありますよね。もしかしたらその月が無排卵月経の事もあります。これは基礎体温表をみる事で、排卵後に高温期が二週間程続いているかが判断基準になるようです!

自分の体調についてまず知り、「妊活」に取り組む事で功を成す日が来るはずですね!

間違った情報ばかり!妊活でこれがした方が良い・ダメな事の本当

04/25/15

「妊活」においてした方が良い事・ダメな事をあなたはご存知ですか?割と誤った情報を信じて、勘違いしていがちなんです!誤った知識では却って妊活の妨げになってしまいますね。本当にした方が良い事・悪いことを知る事で効果的な妊活をしましょうね!

あなたがした方が良い事・悪い事、それを今回説明したいと思います!

勘違いしがちな嗜好品についてです。タバコ、アルコール、カフェインについてです。どれも妊活をするとなると一切タブーなのでしょうか?

答えは種類によっては一切タブーであるという訳でもないんですね。ただ、これらの中で一番気をつけた方が良いのはタバコだと言えます!タバコの場合、本人が吸っていなくても、旦那さんがヘビースモーカーだったりすると受動喫煙の可能性もあります。

妊活に向けては夫婦で禁煙を心がかけるなどの努力も必要なんです。ぱったり明日から、というのは無理難題だと思います。少しずつ取り組むだけでも違う事に変わりはありません。変わろうとして何か少しでもしてみる事がまず第一歩になりますね。

一緒に夫婦で禁煙外来に行ってみるなど、最近では特に相談に乗ってくれるお医者さんも多いのでオススメです。喫煙のリスクは赤ちゃんにとってどれだけ高いものなのか、それは言うまでもないです。

喫煙者は流産のリスクが二倍程であるという数字も出されている他、赤ちゃんの障害のリスクも高くなってしまいます。特に心肺などの呼吸器系です。無事、出産をして赤ちゃんが生まれても何も罪のない子が心肺に障害を抱えてしまっていては可哀想です。

タバコは百害あって一利無しと言われるように、赤ちゃんにとっても良い事はないと言えます。妊活を考えている人はこの機会に早めに禁煙について考え始めてみるのも良いですね!

また、アルコールについても説明します。アルコールを飲むのを習慣としていて、ストレス発散方法にしている人もいますよね。でも、それはやめた方が良いでしょう。アルコールは月経不順や男性にとっても男性機能を低下させるとされています。

更に、妊娠中となると飲酒は胎児がアルコール症候群といった急性アルコール中毒と酷似した症状を引き起こしてしまうため、出来ない事になります。妊婦さんになったらストレスが溜まったからとは言え、飲酒は出来ないと考えた方が良いでしょう。

そんな今後の事も考え、飲酒は控えて行くという習慣をつけた方が良さそうです!

最後に、カフェインについてです。紅茶、珈琲、緑茶などが大好きな人は女性でもとても多いですよね。カフェインは全くダメなのでしょうか?それは少し誤解があります。

一日コップ一杯程の珈琲であれば問題が無いとされているんです。ただ、五杯を越える量を飲むとなると注意が必要です。珈琲、紅茶などのカフェインを含む飲料は飲む事で、利尿作用を引き起こします。

尿で体内のミネラルや水分が排出されていってしまいますので、体を冷やす効果があるんです。子宮だけでなく、内臓や手足の先も冷やしてしまいます。

体を冷やしてしまっては体を温めなければならない「妊活」とは相反してしまう嗜好品になります。少しだけ控えるようにしてみる事と、カフェインレスコーヒー、ルイボスティなどのお茶もオススメです。

後のマタママライフを楽しむためにも今から嗜好品についての習慣を変えて行った方が良い事を分かっていただけたでしょうか?「妊活」だけでなく「妊娠」もを出来るだけ踏まえた上で、今から正しい情報で「妊活」して行けるように努めましょう!

妊娠し易い人とし難い人の違いはこれだった?!教えます!

04/24/15

「なかなか授からない、それなのに関わらず三人も四人も続けて授かってしまう友人がいる。何故だろう?何が違うのだろう?」そう思った事はあなたはありませんか?

欲しいと思う人に限って授からなかったり、不妊治療までしているのに授からなかったり、何が違うのか不思議に思う人は多いはず。何が違うのか、もちろん、女性だけに理由があるとは断定できず、夫婦の問題でもあるのですが、授かり易い女性の体質について今回教えますね!

まず、よく言われているのが、体を冷やしすぎでないかが考えられます。元々、冷え性だったりする場合は特に、冷えは女性にとって大敵と言われるように妊娠する際、子宮の血行が悪く、受精卵が着床し難い環境だと言えます。

冷え性かな、と思う人でも少し冷やさないようにしたり体を温めようとする事で妊娠しやすい体質に変わる事はたくさんあります。現に、少し気をつけただけで妊娠体質になってしまったという人も少なくありませんね。

どんな事をすれば良いのか、それは簡単です!冬場が特に冷えやすいと思いがちかもしれませんが、夏場もクーラーなどで体が冷えやすい時期とも言えるんです。ですので、夏場冬場に関わらず子宮を含め、冷やして血流を悪くさせない事が必要なんです!

他にも、シャワーで済ませているなどではなく、お風呂で一日一度は体を温める事なども効果が高いと言えるんです!

冷え以外にも要因はあります。ストレスを感じがちではありませんか?ストレスを感じやすい体質よりは、感じても発散して交感神経の緊張を解く事も必要です。自分がストレスを感じたら、どうすればうまく発散出来るかの方法は見つけていますか?

と言うのも、ストレスを溜め込み過ぎだと、月経不順だけでなく体調にも悪く働いてしまうのが人間なんです。性格にもよる事ですが、前向きに楽観的に物事を普段から考える事も必要だと言えるでしょう!

心配や不安ばかりでは気持ちも落ち込んでしまい、楽しく過ごせなくなってしまいますよね。

ストレス以外の他の要因としては、不規則な生活・食生活による体質などが考えられます。生活習慣と言うのは何よりも体調の基盤となるので、不規則な生活や栄養素が偏りすぎた食生活だと体調も乱れたり、ストレスを感じやすい体質になって来てしまうんです。

一日三食摂る事、糖分・コレステロールの高い食生活を控えてみる・肥満または、痩せすぎでない事などから改善してみても良いかもしれません!体脂肪率も高すぎてはよくないのはもちろんで、低すぎても言いとは言えません。

「楽観的に」の言葉が示すように、あまり妊娠を意識し過ぎてしまっていては、ストレスを感じやすい状況であるとも言えるんです。夫婦生活を楽しむ事を第一とし、あまり妊娠だけに重きを置かない事で、自分の人生を謳歌する楽しみを見つける事も良いと言えます!

こうしなければならないという先入観からでなく、楽に生きてみる事も考えて気を楽に「妊活」を楽しむ必要がありそうです!

不妊治療の病院を選ぶコツはこれ!まずは行ってみよう!

04/23/15

不妊治療を始めるにあたって、どんな病院に行ったら良いか、これも心配な事の一つかと思います。自分に合った病院を見つける事が必要なのですが、不妊治療の実際と経験者の考え方を踏まえて教えますのでご覧下さいね!

まず、通える距離か否かが一点目の問題です。幾ら有名病院で妊娠成功率が高いと謳っている病院に決めようとしていても、遠くてはなかなか通う事が難しくなってしまいますね。これは当然の事だとお分かりいただけるでしょう。

不妊治療とは簡単なものではありません。最短なら二ヶ月程で授かる人から、結果的に授かるまで何年も続けなければならないと言う事が少なくありません。治療費も保険が適用出来ないのが、人工授精・体外受精・顕微受精になり、回数を重ねるごとに嵩みます。

酷な事を言うようですが、諦めるか諦めないか、で、諦めるまでお付き合いしなければならない病院になってくる事も頭に入れておくと良いです!病院選びは思った以上に重要だと分かっていただけましたでしょうか?

二点目です。専門外来があるお医者さんを選びましょう!何故専門外来でなければダメなのか。それは、専門医の先生が居ない場合もある事があるだけでなく、専門治療をしてもらえない可能性があります。当然ながら紹介をしてもらうという形に結果的になって来るかと思います。

不妊治療を専門にしている外来をオススメします。ただの産婦人科ですと、妊娠した人を対象にしており、外来にも妊婦さんがたくさんいらっしゃったりするのでストレスになったり、変な気を回してしまう事などもありません。

三点目になります。あなたに合った病院が良いのはまず第一なのですが、大病院でもご近所の小さな病院でも構いません。あなたの話に耳を傾けてくれ、親身になってくれる先生がいらっしゃるところが良いと言えるでしょう。

大病院では患者さんの数も多いため、症例の一つでしかなく、簡素で冷たい対応だと感じがちの事もあります。一方、ご近所の病院の方が地域に密着していてあなたの話に耳を傾けてくれる事が多いです。

不妊治療における不安や心配は測りしれません。対話の中で治療法は決定されていくものです。医師だけの独断で治療方針が決まるのでは不安は大きくなる一方でしょう。更に、あなたの体の事はあなたが一番知っていますし、あなたの思いを受け止めてくれる病院が良いでしょう。

もちろん、大病院でも手厚く話を聴いてくれる先生はいらっしゃいますが、これは行って実際にあなたが接して判断してみる事がまず第一と言えます。

四点目になりますが、よく言われる妊娠成功率の高い病院であるというクチコミばかりに惑わされない事です。友人や知人のクチコミだったり、自らインターネットなどで検索するなど、主治医に紹介状を書いてもらうなどのクチコミ以外の情報も視野に入れて判断する必要があります!

色々な情報を元に、自分に合った病院を見つけて不妊治療に取り組んでみて下さいね。あなたに親身になってくれるお医者さんとの出会いも不妊治療における大きなポイントと言えますよ!