男性が協力的でない場合はどうしたら良い?男性の本音って?

04/22/15

女性で子供が欲しいと思う人は多いですよね。子供が欲しくて結婚して、という人も多いのではないでしょうか?それにも関わらず、男性が非協力的だったり、排卵日に性交渉したいのにずっとレスだったりと言った状況も多いんです。

近年では、男性が妊娠に向けて非協力的でない場合、セックスレスと言った状況になってしまったりと、男性に原因が認められる「男性不妊」に陥ってしまうケースが多い事も分かって来ています。何故なのでしょう?

女性と男性の本能から来る考え方の違いを理解すれば分かる事です。まず、原因の一つ目ですが、女性が子供が欲しくて性交渉をしたいと思う人が多い中、一方の男性は性交渉の結果が子供と考えている点です。

子供が欲しいという女性の強い願望は母親になりたいという本能的な気持ちで、男性にとっては自分ではなく優先順位が子供に意識が向いていると捉えてしまうんです。意識はしていなくても、無意識な嫉妬から来る事が多いんです。

そんな「本音」を察して上げる事も大事ですね!

こう言った違いから、女性は妊娠に対しての知識が高いのに対して、男性は女性の体調や妊活を含めた妊娠、出産に対する知識が薄いと言った違いが出る理由が分かっていただけたかと思います。

あまり知ろうとしないばかりか、女性の生理などの体調についても無頓着過ぎる、と苛立つ女性も少なくないはず。でも、こんな事から来ていると分かれば少しは致し方無いと思えるのではないでしょうか。

さてでは次に、原因の二つ目です。どの男性も性欲が強い訳ではもちろんありませんし、疲れている時や体調だったり、他の原因により気持ちが乗らなかったりする事は多々あります。排卵日で、子作りを頑張りたくても気持ちはそう思うのに体が、という事もあります。

プレッシャーになってしまってはいないでしょうか?あまり子供、を意識するのではなく、肝心なのは夫婦の愛を確かめ合う事で、夫婦生活を楽しむ事が何よりの第一です。子供が欲しいからとそれだけしか見えなくなってはいないでしょうか?

あまりプレッシャーを掛けてしまう言動を取ってしまうと、男性は女性が思うより複雑に出来ているため、EDなどといった症状になってしまう場合もあるんです。これには本当に長い目で改善に努めて行くより他にありません。

ここまでで言える事は、「妊活」とはパートナーと二人で行うものであり、女性だけが熱心に産婦人科へ通って、更には治療を受けてと言うのはとても大変な事です。男性の協力無しには出来ない事なんです!子供の立場にもなってみましょう。

育児や子供の成長など、夫婦生活における起こりうる事は母親・父親が協力して支えあって初めて乗り越えられる事です。妊娠はしたいから結婚するという女性もいますが、片親で育てる事は並大抵の努力ではないです。

相手の事を思いやり、相手が大事だからこそ、その延長での「妊活」という気持ちを確認する事も大事です。パートナーとの一緒の時間をまず何より大事にし、「妊活」に取り組んでみてはいかがでしょう!

たった10分で作れます!妊活中にオススメレシピを教えます!

04/21/15

妊活中に特に必要な栄養素とされるのが良質たんぱく質、葉酸、アミノ酸、亜鉛などですね。一度に全部摂れれば良いのですが、食事から自然にとなるとなかなかそうも行きませんね。

考え過ぎてしまっても、時間と手間だけが掛かってしまい、毎日は続かなくなってしまいます。そのために、簡単で一品ちょっとした時間で添えられる料理をこれから紹介したいと思います!

まず用意するものについてです。

材料一覧
・カボチャ(二分の一)
・マヨネーズ(適量)
・レーズン(量はお好みで。プラムでも代用可能)
・塩コショウ(少々)
・ナッツ(適量)

カボチャを切るのはなかなか力が要るので、調理を面倒くさいと思う女性も多い傾向があるのがカボチャなのですが、冷凍パックで既にカットしたものや生鮮でカットしたものがパックで売っていたりしますよね。お値段もさほど変わらず、購入出来るので代用が利きます。

作り方は、カボチャをカットしたものを耐熱皿へ乗せラップを掛けてから三分程、レンジに掛けて加熱します。三分と言う時間は1000Wの場合ですので、それ以下のレンジのお使いの場合などは上下を変えたり時間を増やしたりしてみて下さい!

ホクホクになったのが分かったらレンジから取り出します。その後で、これをマッシュし、塊がないくらいまで潰したあとで、粗熱を取るべく冷まします。

冷ましましたら、塩コショウを振り、お好みの大きさに切ったレーズンと一緒にマヨネーズで混ぜます。また、これもお好みでナッツなどを振り掛けて完成です。過程はこれだけです!

プレーンヨーグルトや生クリームを加えるとなめらかさが増し、口当たりも柔らかい味になりますのでやってみても良いでしょう。

材料から見ても分かるように、カボチャから葉酸や緑黄色野菜のビタミン類が摂取出来る他、レーズンやプラム、ナッツなどから亜鉛、鉄なども摂れるんです。他の料理にはなかなか入れられないレーズンやプラム、ナッツなども妊活には必要だと分かりますよね。

ある程度まとめて摂れるレシピだとも言えるので是非、試してみてはいかがでしょうか?また、他にもレシピは色々あり、毎日の小さなコツで妊活の効果が得られると思うので、自分が続けて出来ると思う事を探して行く事が必要ですよ。

女性にとっては特に生姜が良いと聞く事が多いかもしれません。生姜は冷え性だったり、手足が冷えがちな人には体を温める保温効果があるので効果絶大です。この生姜についても、買い置きがあれば、普段飲んでいる紅茶に生姜を少し混ぜるなど。

市販でも好き嫌いはありますが、生姜をブレンドしている紅茶や健康茶などもありますね。あまり自分に合わないと思うものは続かない事ですので、ストレスになったりしてしまうような無理はしないのが良いですよ!

また、これも当然の事になりますが、女性一人だけで取り組むのでもなく、夫婦で共に食卓を囲み、料理を食べる事でも一緒に「妊活」に取り組んでいる事が実感出来るのではないでしょうか。一緒に取り組んでみて下さいね!

受けて置いた方が良い検査はこれ、AMH検査って?!

01/10/15

最近、受ける人が多くなって来ている検査で、AMH検査と言うものがあるのをあなたは知っていますか?知らなければ是非この機会にAMH検査が何かを知って、受けてみてはいかがでしょう?自分の体の事を知り、妊活を含めた人生設計が立てやすくなるかも!

まず、「AMH検査」とは何なのでしょうか?簡単に言うと自分が持っている原胞卵子があとどのくらいか分かる検査なんです。それに付随して、卵巣年齢がどれくらいかも分かるんです。

では、ブライダルチェックとどう違うのか?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。ブライダルチェックは問診、内診、超音波、血液検査などにより月経周期や性感染症などをチェックし、子宮筋腫・内膜症が見つかる事も多いようです。

それに比べAMHは「不妊治療」に特化したもっと掘り下げた検査だと言えます。

AMHとは、アンチミューラリアンホルモンと言う略語になります。女性には卵巣があり、卵子が月々排卵されているのですが、この卵子の前段階の未熟な卵胞数と言うのは新たに作られたりはせず、もう既に一生の間に排卵出来る数が決まっているんですね。

その未熟な卵胞から卵子になる過程で放出されるホルモンがアンチミューラリアンホルモンと言われています。

この卵子数が少なくなって来るとこのAMH数値が減って来る事になり、赤ちゃんを望むのであれば医療機関のサポートを受けて不妊治療を受けたり、タイミング法で取り組んで行く事が必要になります。

よって、不妊治療を受けるとなるとこの数値がとても肝心になって来るんです。28歳であれば基準値は5.77ng/mlとされていますが、46歳以上となると0.53ng/mlにまでなります。段々、女性としては数値はゼロになって行ってしまう事になるんですね。

一方の男性はと言うと新たに精子は作られ続けるものなので、こんな心配はなく、男性からしたら考えられない事かもしれませんが、女性にとっては深刻な問題でもありますね。

気になる費用、ですが、保険適用外になるため大体6500円程度が必要になります。また、特に検査とは言え、子宮内を検査するのではなく、血液検査で数値は分かりますので、気持ち的には楽に受けられるのではないでしょうか。

月経周期の中のいつでも検査は可能です。

予約をしたり、結果は郵送で送ってくれるという医療機関もありますので、この機会にセルフチェックとして自分の卵子数について知るのも手段の一つかも。ですが、知ってしまっては逆にプレッシャーになったりストレスだという人にはあまりオススメ出来ないです。

これも「妊活」の一環です。最近では出産可能年齢の上限が近づいてきたと思う女性が調べる人が多いようですね。女性は男性と比べ、年齢的な制限もあるため、妊娠や結婚を急ぐ人も多くいますね。

それはこんな事も原因として女性の本能がそうさせるのかもしれません!結果については、個人差や人によっても差が出るので一概には言えませんが自分の体を知る上で頼れる指標になってくれるのは確かですね。

【妊活】について勘違いが多い間違いと知っておきたい本当の事

01/09/15

妊活について、思ったより勘違いが多い事はご存知でしょうか?調べようとしてもなかなか思うようにヒットしなかったり、誰も教えてくれない、なんて事があるんですね。幾つか知っておいた方が良い点についてまとめてみましたので以下をご覧下さい!

まず、「着床出血」についてです。子宮内で受精が起こり、着床が起こると出血を伴う事があると言われています。人によっては生理の経血量まではいかないものの、いつもの生理より出血量が少なかったかな、くらいの量で起こっている事もあるんです。

生理が来れば、着床はせずにまたリセットになってしまう、と考えている人が多いんですね。ですから、生理が来たからと言って、普段より経血の量が少なかったり、体調が普段と違っていたりなど自分の体調でおかしな点があれば検査薬で確認してみるのが良いでしょう!

それ以外にも、子宮外妊娠だったり流産が起こっていたりと言う可能性もあるんですね。腹痛があまりに強いようであれば産婦人科医さんを頼るのがベストですよ!

次に挙げる点は「排卵日」についてです。排卵日に性交渉をすれば妊娠出来ると思っている人はいませんか?多いはずですね!

排卵と言うものは定期的に行われるとも限らないものです。人によってペースがありますし、生理中に排卵しているというケースもあるんですね。産婦人科医さんに子宮を見てもらうと排卵しそうかどうかを見て貰えるのですが。

卵子の寿命は24時間とされています。排卵されて24時間以内でなければ、受精するチャンスを失ってしまう事になるんですね。その一方、精子はと言うと72時間とされ、1週間残存する事もあるようです。

ただ、日を置くごとに残存数も減ってしまうのは当然の事。性交渉を頻繁に定期的に行う事が、受精、その後の着床の確率を上げる事になるんです。また、ベストなタイミングは排卵した時に精子が既に子宮内で待ち構えている状態だと言われています。

排卵日当日ではなく、排卵日2日前程がベストと言われています。その後も一日置きなど定期的に行う事で成功率を挙げることにも繋がりますね。

もう一点、挙げてみます。高齢出産が増えて来て、女性にチャンスが多くなってきている事実ももちろんありますが、卵子は残存数が有限でなく、それらが月々に排卵されて行く仕組みなのですが、加齢により老化すると言われているんです。

これは仕方がないことではありますが、生理があるからいつでも妊娠出来ると言う考えは不確かなものになってしまいます。母体に負担なだけでなく、障害を持ったお子さんが生まれて来る確率も上がってしまうんですね。

加齢により妊娠しにくくなると言う事実もありますが、若いからと言って妊娠しやすいかと言ったらそれも過誤になります。若いからとは言え、いつかは授かるだろうと思い込んではいませんか?

暴飲暴食をしたり荒れた生活習慣を送ってはいないでしょうか?自己過信と言いますが、生理不順などに繋がります。

心当たりがあると思う人は自分の体のサインにまず気づいて上げる必要がありそうです!「妊活」の第一歩になりそうです。不安でしたら婦人科医さんなどに相談してみるのも良いですよ。